知らないとまずい現代の就職活動を徹底解説

昔はなかった現代の就職活動の常識とは?

授業以外の活動と同じように学業成績が重要視される

昔は大学の成績よりも、学業以外での活動や経験が重視されていました。 学業以外での経験を聞くことで課題発見力やもの事への姿勢、価値観を評価できると考えていたからです。 しかし現在は学業も同じように頑張り、また大学も教育に力を入れることで、きちんと勉強した学生が世に出ることを狙う流れになっています。

就職活動での正しいSNSの利用方法

今から20年ほど前にはSNSは無く、企業のホームページは一方的な情報発信がメインで、募集要項は見れても応募には履歴書を郵送するのが一般的でした。 現在ではSNSは便利なツールである反面、使い方を誤ると悪印象をも与えかねません。 今や必須アイテムとも言えるSNSのトラブルや正しい使い方をまとめました。

いつ何を始めるべき?スケジューリングが大事!

今から20数年ほど前は、現代のように携帯電話やインターネットも一般には普及していませんでした。
調べ物をしようにもネットやスマホですぐ検索、という訳にはいきません。
もちろん電話は固定電話ですので、相手が留守や外出中であれば、要件はすぐに伝わりません。
そんな現代とは通信手段や情報収集の環境など、あらゆる面でアナログだった時代の就職活動は今では想像もつかないものでしょう。
企業に応募しようにも企業の採用ページなどはありませんので、求人媒体の発行する分厚いカタログについているハガキを利用し、会社案内等を取り寄せるところから始まります。
さらに少し前のバブル経済期は業績の好調だった商社や金融業界が人気で、いわゆる「青田買い」も比較的一般的でした。
完全な売り手市場で、オリエンテーションに参加しただけで内定がもらえるケースやOB訪問という名の接待など、今では考えられないものばかりです。
一方、現在はというと少しずつ景気が盛り返し、大卒者の就職率が98%に達したとは言え、まだ買い手市場の中での就職活動です。
そんな中で学生たちは様々なツールを駆使し、厳しい就活戦線を戦います。
業界研究は就職情報を提供する媒体や、企業のサイトにアクセスすればすぐに調べられます。
OB訪問も一度アポイントを取り、連絡先を交換できればその後の質問ややりとりは、メールやSNSを利用することで不明点も瞬時に解決します。
面接や説明会で企業へ赴く際も、会場の地図はスマホで検索、開始時刻に間に合う為に乗るべき電車の時刻までも、ネットですぐ調べられます。
他にも「昔」は無かったものを大いに活用し、効率的に就職活動を行うことができるようになったことで、就職活動は情報戦になりました。
大量の情報を取捨選択し、効果的に使うスキルが内定への鍵とも言えます。
このサイトは、そんな今どきの就職活動事情や新常識を解説するサイトです。

業界研究から面接に至るまで現代の就職活動の常識を解説

企業が選考活動を解禁する日は経団連が決めています。 学生の本文である学業を優先するための配慮ですが、近年この解禁日が短期間の間に変更されるなど、学生が解禁日に振り回されるケースもあります。 解禁日によって学生はどんな点に気をつけるべきでしょうか。 長い就職活動を乗り切るためにも知っておきましょう。