知らないとまずい現代の就職活動を徹底解説

>

就職活動での正しいSNSの利用方法

ネットやSNSを効果的に利用しよう

昔の就職活動にはSNSはありませんでした。
SNSはおろかインターネットも普及していなかった時代には、人事担当者に直接会った時の自分を評価してもらうしかありません。
しかし今では簡単に多くの情報検索ができ、世界中の不特定多数の人とネット上でつながることさえ可能です。
SNSを利用している人の中には自分と同じ就職活動中の学生もいるはずです。
思うように選考を突破できずにいる学生もいれば、面接での経験を惜しまず披露してくれる学生もいます。
またクチコミサイトや掲示板などもありますので、参考にできる部分は大いに活用すると良いでしょう。
このようネットやSNSは自分の持っていない新しい考えを得るツールにもなりますが、情報ばかりが増え、本当に自分が求めているものを見失うリスクもありますので、情報を取捨選択する力も同時に養いましょう。

自分のSNSは見られている

今から約10年ほど前にソーシャルネットワーキングサービスと呼ばれるものが普及しはじめ、今では約9割の学生が何かしらのSNSを利用している時代です。
誰もが自由に自分の意見や考えを発信できるのがSNSの特徴です。
それだけに学生の素の姿が現れやすいので、人事担当者も学生の利用するSNSのアカウントをチェックしています。
普段のノリで、企業の説明会や人事担当者への感想や不満をSNSをそのままあげてしまわないように注意しましょう。
しかし、だからといって就職活動用に自分をブランディングするために、仮の姿を演出する必要はありません。
自分が後悔しないSNSの使い方ができるよう、SNSやネットとの付き合い方を考えましょう。


この記事をシェアする